山梨県富士吉田市のすいどう人形です

HOME > 吊るし飾り

つるしかざり意味


奈良時代に病気等、悪いことから身を守るおまじないの一つに紙や草木などで人の形をしたものを作り、これで体を撫でて病気や災いを移し、川に流す儀式がありました。これが「流しびな」という風習になり、おひなさまの先祖になったといわれています。
ひな菊・ひなげしなど「ひな」と付くものは可愛いものばかりですが、平安時代に貴族のお姫様たちの間でお人形遊び「ひいな遊び」が大流行しました。きっと可愛い人形だったんでしょう。
現代のおひなさまは奈良時代の「おまじないの儀式」と平安時代の「ひいな遊び」が長い間に結びついて生まれたものです。
おひなさまは「流しびな」でもわかるように、ひとりひとりの厄災を身代わる風習を引き継ぐものです。今風に言えば、おひなさまはマンツーマンで女性を守ってくれる「一生のお守り」なのです。たとえ家族であろうと共有したり引き継いだりするものではありません。

吊るし飾り
吊るし飾りの意味知ってますか

ふくろう 呪力がある。福や不苦労をかけて。

おかたぐろ 女の子の遊びの一つ。おかたは高貴な人の意味

さる 厄がさる。

ほおずき 女性のお守りとされている。婦人病の薬効(安産・月経不順・母乳不足

はまぐり 二枚貝は貞操の象徴。

花 花のようにかわいらしく。

枕 寝る子は育つの言い伝え。

俵ネズミ 大黒さんのお使えである。ネズミは、金運・霊力があると言われ子宝に恵まれ、働き者になるように。俵は五穀豊穣の意。

とうがらし 虫除けの効果があることから娘に悪い虫がつかないように。

太鼓・つづみ おめでたいもの。

亀 長寿の象徴。

お手玉 遊び道具。

草履 足が丈夫になるように。

すずめ 五穀豊穣をあらわして、食に恵まれるように。

だるま 七転び八起きで福を招く縁起物。赤がほうそうよけの呪物とされる。

羽子板 厄をとばす。女の子の遊び道具。

金目鯛 稲取名産の縁起物、おめでたにはかかせない。赤い色は魔除けの色。

鳩 神の使いともいわれる。鳩はむせないものといわれ、お乳を飲む赤ちゃんに合わせてもいる。

蝶 三三九度の男蝶女蝶の縁起物。蝶のように、花のように、奇麗に可愛らしくの意味。

かくれみの 七宝の一つ、縁起物。子供の祝い着によく描かれる。

よだれかけ ほうそうよけ。

おかめ(お多福) 福を多く招く縁起物。

七宝まり 七宝の形を表し縁起物。まりは遊び道具でもあった。

大根 毒消し。

にんじん 滋養がある。(カロチン)

うさぎ 赤い目のうさぎは呪力があるといわれている。神様の使いとも言われている。

柿 栄養素が多く滋養がある。長寿の木。厄払いの効きもあるとされている。柿が赤くなれば、医者が青くなる。

三番叟 祝い事につきもの。

這い子人形 這えば立て、立てば歩めの親心。子供のすこやかな成長を願う。

巾着 お金が貯まるように、お金に困らないように。

三角 香袋。お香は貴重品でした。気をしずめる香は薬代わりでもありました。紫と白の布で富士山を表した物である。

座布団 座布団のまわりで赤ちゃんが這って遊び上手く座れるように赤ちゃんサイズの専用の布団も作った。

桃 邪気、悪霊を退治し延命長寿をも意味します。桃の実が女性を象徴し、女の子の厄払いともいわれ、早く花が咲き、植えやすく実が多いので多産を象徴します。桃太郎は桃から生まれたからこそ、鬼退治をしたとされています。治病の効力もあり、桃の花の湯を飲むと、ひきつけ良いとされる。桃の種を日干しにした桃仁(とうにん)花蕾を日干しにした白桃を煎じて飲むと消炎・沈痛・利尿・緩下剤として効用がある。


お雛さまのしまい方
ひな祭りが終わった後、なるべく早くしまうとされていますが、天気がよく、空気が乾いている日を選んでおしまいください。天気の悪い日は、湿気を含んでおりカビや虫食いの原因になります。 早くしまわないと婚期が遅れるなどと言い伝えられていますが、特に根拠はないので気にする必要はありません。それより長い年月飾る人形ですから、しまい方(保存状態)が重要です。
ひな人形の片づけに必要な道具は?
毛ばたき・・・ ホコリを払うとき使います。柔らかい紙
乾いた布・・・ お人形の顔を包みます。うす紙
防虫剤 ・・・ 塗りの部分の乾ぶきに使います。


 
翠童人形」