おひな様、五月人形のすいどう人形山梨県富士吉田市の節句人形専門店すいどう人形へようこそ!





五月五日は端午の節句

奈良時代、宮廷では五月五日を菖蒲の節会(せちえ)と言って、天皇の前で武術を競ったり病気や災いを祓(はら)う式日でした。
やがて、政治の中心が朝廷から武家へ移る鎌倉時代・室町時代になると、甲冑(かっちゅう)や刀、槍などの武具を飾って武運長久や立身出世を願う勇壮な武家社会の儀式として定着しました。それが一般に広まったのは町人文化が華開く江戸中期のころで、男の子が生まれると、武家にあやかり家の前に武具や鯉のぼりを飾り立てて盛んに祝ったそうです。
その後、外に飾っていたものを家の中に持ち込んで飾る、いわゆる「座敷飾り」が 主流になり、次第に様式を整えて現在の飾り方が完成しました。また、これは補足ですが、昔から「長男として生まれた子どもには鎧を贈る」習わしがあります。鎧(よろい)は、具足(ぐそく)と呼ばれ、物事が過不足なく揃っているという意味があります。つまり「恵まれた人生を謳歌する」ことを意味しています。


こちらも参考に

ご案内

当店へご来店頂いて商品を是非ご覧ください。
山梨県内唯一のオリジナル着用シリーズなどのセットを納得出来る組み合わせでお客様に提供しております。
お子様だけのオリジナルセットをオススメする店すいどう人形へお待ちしております。


silverトライバル昇竜着用兜


名前旗新作登場!!

端午の節句龍小 生年月日刺繍名入れ


端午の節句虎 刺繍生年月日名入れ
端午の節句菖蒲と兜中 生年月日刺繍名入れ
端午の節句黒地 昇竜武者名前旗

風林火山シリーズ大好評販売中!

ページの先頭へ

翠童人形でお子様に着用鎧を着せてみませんか・・・

着用鎧きせつけ体験

「似顔絵アート羽子板」
記念写真やスナップ写真をもとに、デザイナーがデッサンを起こし、
オリジナルの羽子板をお作りします。


縁起の良い白桐羽子板をレザークロスで包み、アクリルベースで仕上げます。
価格 28.000円(スタンド飾り台付き・写真の台とは異なります)
製作期間・・・約2週間
羽子板実寸・・・60㎝
一年中ご注文お受けいたします。
お気に入りのスナップ写真を3枚程度ご用意ください。

TOPIC

山梨県富士吉田市の節句人形専門店翠童(すいどう)人形では三月節句、五月節句、鯉のぼりなどの
外飾り商品や、高砂人形などを扱っております。

※5月8日〜11月30日は、休業とさせていただいております。
※12月1日〜5月7日は、無休で営業いたしております。
 ご要望、修理の依頼はお問い合わせフォームにて問い合わせもできます。