おひな様、五月人形のすいどう人形山梨県富士吉田市の節句人形専門店すいどう人形へようこそ!



奈良時代に病気等、悪いことから身を守るおまじないの一つに紙や草木などで人の形をしたものを作り、これで体を撫でて病気や災いを移し、川に流す儀式がありました。これが「流しびな」という風習になり、おひなさまの先祖になったといわれています。
ひな菊・ひなげしなど「ひな」と付くものは可愛いものばかりですが、平安時代に貴族のお姫様たちの間でお人形遊び「ひいな遊び」が大流行しました。きっと可愛い人形だったんでしょう。
現代のおひなさまは奈良時代の「おまじないの儀式」と平安時代の「ひいな遊び」が長い間に結びついて生まれたものです。
おひなさまは「流しびな」でもわかるように、ひとりひとりの厄災を身代わる風習を引き継ぐものです。今風に言えば、おひなさまはマンツーマンで女性を守ってくれる「一生のお守り」なのです。たとえ家族であろうと共有したり引き継いだりするものではありません。

これだけは、知っておきたいおひな様

ひな祭り」に飾る雛人形は、ひとりひとりの災厄を身代わるという風習から誕生したものです。

古来より、雛人形を姉妹で共有したり、親から子へ譲ることは厄除けという本来の姿から外れ、災いを共有したり、引き継がせてしまうと伝えられています。

「おひなさま」はマンツーマンで女性を守ってくれる「一生のお守り」です。

また、ひな人形はお子さんと一緒に飾る楽しさと共に、実際に手を触れることがその子の災厄を移すという意味も含んでいます。

分別が分かる年齢になったら親子で一緒に飾ったり、仕舞ったりして楽しんでいただきたいと思います。

その中で、物を大切にする心や、送り主である祖父母や両親に感謝する気持ちや、家族の絆を考える時間が生まれてくると思います。

人形を壊したり、汚したりしても、それはお子さんの災厄をひな人形に肩代わりしてもらったと考えていただきたいと思います。

お雛さまのしまい方
ひな祭りが終わった後、なるべく早くしまうとされていますが、天気がよく、空気が乾いている日を選んでおしまいください。天気の悪い日は、湿気を含んでおりカビや虫食いの原因になります。 早くしまわないと婚期が遅れるなどと言い伝えられていますが、特に根拠はないので気にする必要はありません。それより長い年月飾る人形ですから、しまい方(保存状態)が重要です。
ひな人形の片づけに必要な道具は?
毛ばたき・・・ ホコリを払うとき使います。柔らかい紙
乾いた布・・・ お人形の顔を包みます。うす紙
防虫剤 ・・・ 塗りの部分の乾ぶきに使います。